logo-1.png
 

個人情報保護に関する基本方針

  1. 基本方針

    株式会社プランプラス(以下、「当社」といいます)は、個人情報の保護が重要な社会的責務であるとの認識のもと、個人情報の保護に関する法律その他関係法令、個人情報保護委員会の定めるガイドライン等を遵守し、個人情報を適切に取り扱います。

  2. 個人情報の取得について

    当社は、個人情報を適法かつ適切な手段により取得します。

  3. 個人情報の利用目的について

    当社は、取得した個人情報について、以下の利用目的の範囲内又はその取得状況から明らかである利用目的の範囲内で利用し、ご本人様の同意がある場合又は法令で認められている場合を除き、他の目的で利用しません。


    (お客様の個人情報)
     ・当社の製品及びサービスに関する情報提供
     ・当社の製品及びサービスの向上に向けた企画・研究・開発
     ・キャンペーン等、当社の製品及びサービスの販売促進活動の実施
     ・お客様からのお問い合わせに対する対応
     ・以上の各事項に関連する業務


    (お取引先様の個人情報)
     ・お取引上の打合せ等の実施
     ・お取引先様への情報提供・連絡
     ・お取引先様から委託された業務の遂行
     ・以上の各事項に関連する業務


    (当社の役員及び従業員(正社員・準社員・臨時従業員その他当社での就業に従事する者)の情報)
     ・給与の計算・支払
     ・当社の役員及び従業員に対する安全管理
     ・当社の役員及び従業員に関する人事管理
     ・以上の各事項に関連する業務

    (採用応募者の皆様の個人情報)
    ・当社における採用活動、採用後の人事・安全管理及びこれに関連する業務

  4. 個人情報の管理について

    個人データへの不正アクセス、個人データの漏えい、滅失、又は棄損の予防及び是正のため、当社内において規程を整備し安全対策に努めます。

  5. 個人データの第三者提供について

    当社は、ご本人様の事前同意がある場合又は法令で認められている場合を除き、取得した個人データを第三者に提供いたしません。

  6. 個人データの委託について

    個人データを第三者に委託して利用する場合は、当該第三者における安全管理措置の状況等に照らし、委託を行うことの適切性を検討するとともに、当該第三者との間で秘密保持を含め適切な監督を行うために必要な事項を定めた業務委託契約を締結した上で委託するなどし、委託先への適切な監督をします。

  7. 改善措置について

    個人データの取扱いに関しては、必要に応じて、本方針をはじめ各種規程等の内容を適宜見直し、継続的な改善・向上に努めます

 

このサイトのご利用について

このWEBサイトは、「株式会社 プランプラス」が開設し、管理・運営しています。プランプラスWEBサイト(以下「当社サイト」とします。)ご利用に際し、以下のサイトポリシーをご熟読いただきたくお願い申し上げます。また、当社サイトのポリシーは更なる改善の必要性に応じて予告なく改訂する場合があることをご了承ください。

リンクについて

当社サイトへのリンクをご希望の場合は、事前の当社の承諾が必要です。

但し、以下のサイトについてのリンクはお断りいたします。

当社の事業・サービス等を誹謗中傷、信用を毀損するおそれがあるサイトからのリンク

公序良俗に反する内容を含んだサイトからのリンク

違法なコンテンツを掲載したり、違法な活動に関与した、または関与した可能性のあるサイトからのリンク

営業活動もしくは営利を目的とするリンク、またはそれらの準備を目的とするリンクフレームやその他の方法で、当社のコンテンツであることが不明となるリンク

サイトの管理・運営者が不明、またはハンドルネーム等により運営されているサイト、あるいは代理運営されているサイトなどからのリンク

また、当社サイトをリンク先とするサイトであっても、そのサイトを運営する個人・団体との特別な関係は無いとともに、当該サイトを当社が推奨するものでもありません。

なお、リンクについて一旦許諾した場合でも、当社の判断で削除を要請する場合があります。

著作権について

当社サイト及び当社サイト上に掲載される文章、写真、イラスト、その他の著作物(以下、総称して「コンテンツ」といいます。)に関する著作権は、当社、またはコンテンツ提供者に帰属します。これらのコンテンツ(BTS写真などを含む)は、個人的な利用を目的として使用する場合、著作権法等により認められる場合を除き、電通に無断で転載、複製、販売、貸与などの利用をすることはできません。当社サイトにおけるコンテンツ提供者によるコンテンツに関しては当該コンテンツ提供者の許諾も必要となります。また、著作権法等により認められた場合でも、コンテンツの使用目的や使用方法などにより問題が生じることもあります。